鍼治療について

鍼治療が初めての方とお話しすると鍼のイメージは大体テレビで見る中国鍼の太いのをブスブス刺しているイメージです

日本人は刺激に敏感な方が多いので鍼は中国に比べると細いものを使う事が多いです しかも「鍼管」と呼ばれる筒を使って刺入しますので痛みは最小限に抑えることが出来ます

鍼をうつ場所は悪い部位や痛みを感じる場所にうつ場合や、いわゆる「ツボ」と呼ばれる所にうちます。

ですから頭が痛いのに手に刺したり、腰が痛いのに足に刺したり、関係ないような場所に鍼を刺す事があります。

また最近の鍼は一本一本滅菌して包装されていますし使い捨てのものを使っていますので衛生的で感染の心配はありません。

注射が苦手、痛いのは嫌という方も一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

写真はいとう治療院で使用している鍼です。

次回は「ツボ」について書いてみたいと思います。

.

いとう治療院 院長

院長・マッサージ師 伊藤雅也

当院は、主に鍼・灸・マッサージの手技により患者様1人1人の身体の症状・状態に合った無理なく、安全性の高い施術を行う事を心がけています。お体の不調でお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。これらの悩みや疑問に出来るだけ応えていきたいと思っております。また、通院が困難な方にはご自宅まで伺い、治療いたします。

治療院概要

【営業時間】

9:00~20:00(平日)

9:00~14:00(土曜日)

【定休日】日曜日・祝日