‘健康’ カテゴリーのアーカイブ

雨の日の頭痛

あいにくの天気です 雨が降ると頭痛がしたり関節が痛んだりする方があると思います。

原因は諸説ありますが気圧の変化が身体に影響を及ぼすと言われています。

頭痛の多くは片頭痛と呼ばれる血管拡張型の頭痛といわれていますのでズキズキと頭が痛くなったり目の前がチカチカとしてきたらコメカミあたりを軽く冷やしたり暗い部屋で少し横になったりして上手に付き合うようにしましょう。

僕も頭痛持ちで今日は朝一で頭痛薬飲みましたよ。薬飲むなら早めに飲んだ方がいいでしょうね。

昔から頭痛は人々の悩みであって、過去の偉人も頭痛持ちが多かったといわれます

ナポレオン ベートーベン 福沢諭吉 樋口一葉 アインシュタイン・・・・・。

それを聞いたら少し痛みが楽になった様な・・・・・    なりませんね

明日は天気になって欲しいですね

ではまた

糖尿病と猪木さんのお話

義母が糖尿病で服薬していると言っていました。糖尿病はⅠ型、Ⅱ型とありますが日本人に圧倒的に多いのがⅡ型で生活習慣と遺伝的な原因があるそうです。

症状が出ない場合が多く合併症が出てから気づくケースも多いので定期的に検査をするようにしましょう。

食事の管理と運動がやはり大事だそうです。

アントニオ猪木さんは糖尿病の治療として氷水のお風呂に毎日入っていたと言いますがそれは絶対止めましょう。

猪木批判ではないですよ。僕の中でアントニオ猪木と高田延彦は永遠のカリスマですから。

ではまた

花粉症には何がいいのか?

花粉症どうですか? 僕はまだ少ししか症状出てないのでマスクも薬も必要ありません。

花粉症対策のグッズや健康方など色々出てますが何が効果あるんでしょうね?今年は色々試してブログでアップしていきます。白黒はっきりつけます。

病院勤務時代に先輩から花粉症には「赤い目薬」が一番いいと言われたのでそれ以来使ってます。確かに良いです。

安いし疲れ目にも良いですからお薦めします。

目薬の写真載せる人ってなかなかいないだろうな。

しかも商品名「RED」って・・・・。 確かに赤いけど

ではまた

目が痒い気がする

今年の花粉の飛散量は去年の7~8倍といわれています  もう今から目が痒い気がしますね 症状が出るのがいつもより早いかもしれません

僕も結構ひどいんですよ なった人にしか分からないかもしれません

二年前からは早めに内科に行って薬を飲むようにしています 漢方薬など2、3種類もらって飲んでます  これでかなり楽です

皆さんはどんな対策してますか? 

ちなみに花粉症対策の鍼治療もありますよ 顔、お腹、手足に鍼しますのでそれでもよければ声掛けて下さい

外は雪が積もっています 気をつけて運転しましょう

では行ってきます

腰椎圧迫骨折

最近訪問先の患者様が腰椎の圧迫骨折で入院されました

圧迫骨折は脊柱の椎体という骨が圧迫されて折れる事を言います

主に高齢者の骨粗鬆症の方に多く、若年層ではスポーツでのケガや衝突、転落等の事故で起こることがあります

高齢者で骨が弱い方は、咳やくしゃみ、軽い尻もち等でも骨折を起こすことがあります。

症状としては強い痛み、寝返り、起き上がり等もつらい状態となります

基本的には固定と安静で一か月程度で良くなる場合が多く、手術を行なうケースはまれであるとされています。

骨粗鬆症の方、ご家族に高齢者の方がいるご家庭はまず転倒を予防する様心掛けて下さい。

今週中にでもお見舞いに行ってきます。

ではまた

腰痛体操  マッケンジー体操

最近テレビや雑誌でよく目にするのがマッケンジー体操という腰痛体操。身体を反らして腰痛を改善する体操です。

ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジーが確立した体操で腰痛の人が身体を反らすのはタブーとされてますが常識をくつがえした療法といえます。

一般の方への分かりやすい本が出ていますので興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか?(当院の待合室にも置いておきました)

インフルエンザ

インフルエンザの予防接種しました? 

今年のワクチンは新型と季節性のワクチン二種類、計三種類のワクチンが一度に接種出来ますので去年の様に別々に接種する必要はありません。

また供給量も去年に比べて十分ですので優先順位も無いです。免疫が出来るまでに二週間程かかると言われてますので早めに接種した方がいいですね。

去年大騒ぎでしたもんね、マスクもうがい薬も品切れしてました。

特殊なマスクや清浄機を買わないかってセールスもすごく多かったな。

寒くなってきました。インフルエンザが流行したら人込みは避けましょう。

ではまた

健康食品

本日の朝日新聞によるとガン患者の約半数が健康食品を利用しているといいます。

何としても治したい、薬に頼りたくない、ワラをもつかむ思いで色々な健康食品を試している人が多いとのことです。

ただ科学的効果を示すデータはほとんどなく根拠に乏しい、場合によってはかえって薬の効果を弱めてしまう恐れもあるといいます。

こういった事を相談できる窓口がないのも問題となっています。

中にはかなり高額な物もありますので注意が必要です。

東洋医学に「未病を治す」という言葉があるように病気になる前の健康管理、早期発見、早期治療が一番大切ですので身体に不調を感じたらなるべく早めに医療機関を受診しましょう。

あれっ  なんか今日ノドが痛いような・・・。友達の結婚式で調子に乗りすぎましたかねぇ

様子見て早めに病院行きます

ではまた

高齢者の熱中症

多治見は今日も暑いです

連日テレビで放送されているのが高齢者の熱中症の話  

特に深夜に救急搬送されるケースが多いらしいです

原因としては、気温の変化に身体が対応出来ないのとエアコンをつけない方が方が圧倒的に多い、夜にトイレに起きるのは嫌だから水分を取らないようにしている等

一人暮らしの方は特に心配です 高齢者の場合、家族も気づかないケースがあります

◇家族が熱中症になったら

(1)涼しい場所に移し、衣服をゆるめてリラックスさせる

(2)首筋、脇の下、脚の付け根を冷やす

(3)顔が赤いときは頭を高く、青白ければ足を高くして寝かせる

(4)意識があり、嘔吐がなければ水分補給させる

(5)皮膚が熱ければ、風を送ったり熱い部分にぬれタオルを当てる

(6)皮膚が冷たければぬれタオルをしぼり冷たい部分をマッサージ

(7)意識がなかったり、急に体温が上がったらすぐ救急車を呼ぶ

仕事柄、高齢者の方と接する事も多いので注意したいと思います

とびひ

数日前、娘の手に小さな水疱ができました。「何かなー?」なんて話してるうちに二つ、三つと増えてきたので皮膚科を受診。 「とびひ」と言われました。

「とびひ」は正式には「伝染性膿痂疹」といって子供に多い皮膚の病気だそうです。

水疱が破れて別の場所についたりすると文字通り「飛び火」してうつります。

黄色ブドウ球菌が主な原因らしいです。小さな傷などにこの細菌が入り込んでひきおこされます。

娘もしばらくは保育園お休みです。

最近プールに行ったりお祭りに行ったりであちこち出掛けたのでどこかでうつったのかな?

みなさんもお子様の皮膚に水疱やかさぶたが出来てないか注意して観察して下さい。夏は多い病気みたいですよ。

いとう治療院 院長

院長・マッサージ師 伊藤雅也

当院は、主に鍼・灸・マッサージの手技により患者様1人1人の身体の症状・状態に合った無理なく、安全性の高い施術を行う事を心がけています。お体の不調でお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。これらの悩みや疑問に出来るだけ応えていきたいと思っております。また、通院が困難な方にはご自宅まで伺い、治療いたします。

治療院概要

【営業時間】

9:00~20:00(平日)

9:00~14:00(土曜日)

【定休日】日曜日・祝日